捏造



先日、読売新聞の渡邊主筆が橋下大阪市市長のことをヒトラーに例えていたのを聞いた時、正直 「お前が橋下のことを言えた義理か!」 と怒りを覚えたのだが、ここにきてあながち彼の指摘が外れていなかったことに、少々戸惑いを覚えるようになった。

維新のリスト捏造問題である。

以前は橋下市長が個人的な恨みで労組を叩いているなあ、とは思っても、でも労組もたいがいなことをやってきたみたいだから多少痛い目見たらいいんじゃないか、ぐらいに思っていた。しかし、先日維新の会の一員である市議のツイッターにたまたま目を通したことをきっかけに、報道されている情報を整理してみると、かなり恐ろしいことが起こっているのではないかと思うようになった。

事件の概要はこうだ。

2月上旬、インサイダー情報を元に大阪市議の杉村市議が、労組が大阪市の機密情報を盗み前市長の支援を求める 「知人・友人紹介カード配布回収リスト」 を作っていたとして、情報を実名入りでマスコミに公開。橋下市長を筆頭に、党・マスコミをあげての大批判キャンペーンが始まる。労組は情報は捏造であると主張するも、この問題を市議会で取り上げた杉村市議は、情報の信憑性が高いとして労組のクレームを一蹴。これを受けて3月、労組は捏造文書について被疑者不明のまま有印公文書偽造で刑事告発。一方維新の会は「労組への情報漏洩」について守秘義務違反で刑事告発するという異常な事態を迎える。

ところが、事件は意外な展開を見せる。3月26日、セキュリティ会社の調査で情報漏洩者が特定される。取調べの結果、この嘱託社員はリストを捏造して杉村市議に渡した事を認め、27日に懲戒免職処分となる。この結果を受け、労組は維新の会に謝罪を求めるが、杉村市議・橋下市長ともにこれを拒否。労組側は維新の会市議団に対し、質問状を送ることをことを決めたが、その後、名誉毀損・偽計業務妨害などで提訴されるのではと見られている (詳細な経緯については、維新リスト捏造問題の経緯と雑感 を御覧になることをお勧めする)。

ここにきてクローズアップされたのは、他の維新の会のメンバーの言動である。ある維新の会の議員が自らのツイッターに、維新の会では議会での追求前から捏造の可能性があることを認識していたという書き込みをし、あわてて他の維新の会のメンバーが取り消すよう指示するやり取りが公にされた。また、リストを捏造した嘱託社員が2月8日の段階で、「偽物をつかませてしまったかもしれず、申し訳ないことをした」 と杉村市議にメールを送っていたことも報告されている。

要は、杉村市議と橋下市長・維新の会は、捏造の可能性が高いと知りながら、その資料を使って労組の批判のキャンペーンをはっていたということである。

これは法律的にも、同義的にもゆゆしき問題である。

労組が何らかの違法行為をしていたというなら、それを叩くのは構わないし、むしろそのことは支持したいと思う。しかし、そのために捏造された情報を使って世論を操作するというのは本当に恐ろしいことだ。先日NHKのクローズアップ現在で、ロシアのプーチン首相が政敵をでっちあげた罪で投獄したり駆逐していくやり方をレポートしていたが、程度の差こそあれ、いま維新の会がやっていることと変わらない。

更に恐ろしいのは、この件に関して維新の会がマスコミを抱き込んでいるということである。労組を社会的に抹殺してしまおう、という明確な意思のようなものさえ感じてしまう。このようにメディアが中立性を保たず、何かの力におもねって報道を偏向してしまうようでは、お隣の国となんら変わらないではないか。

個人的な予想を言うと、この捏造の件は必ずうやむやにされる。そして、維新の会がノラリクラリかわしているうちに、野村弁護士率いる第三者委員会の調査が公表され、労組のいくつかの別の問題が指摘されることになり、「やっぱり僕の言ったとおりでしょう」 と橋下市長がドヤ顔でメディアに話す顔が目に浮かぶ。たとえこの捏造の件で何年か先に労組が訴訟に勝ったとしても、もう当事者は大阪にはおらず、その責任は問われることなく終わるだろう。

一人の有権者として、市長や議員に市政を変えてほしいという思いはある。しかし、そのことは犯罪行為に及んでも構わないということではない、ということだけは、はっきり言っておきたい。

JUGEMテーマ:日記・一般
 

プロ野球の終焉



先日、朝日新聞が報じた巨人から選手・関係者への金の流れに関するここ一週間程の報道を見ていると、巨人とその親会社である読売新聞に対して義憤にも似た怒りを覚える。

またそれ以上に驚いたのは、この報道に対するプロ野球界の反応だ。大相撲の八百長問題が明らかにされた時には、閉じられた相撲界の闇を垣間見た気がしたが、今回の問題も結局球界は自分たちの利益を守るためならだんまりを決め込み、黒いものでも白としてしまうということが良く分かる。所詮、野球もプロレス同様の興行であり、公平なルールの下で争われるスポーツではないということなのだろう。

これまでも野球はもう終わっただの何だの散々言われてきたけれども、長年プロ野球を応援してきたファンの1人としては、球場に足を運んで試合を見たり好きな球団の応援することの楽しさをみんなに知ってもらえたらいいな、と思ってきた。

しかし、もう潮時かもしれない。

自分は地元の阪神を応援しているけど、この問題が明るみに出た後の南社長のコメントには反吐が出そうになった。

「総合的に判断すると、違反ではないということ」

この発言を言い換えると、「巨人の気にさわることを言うと、こちらの身もやばくなる」 「自分たちもやってきたので、あまりその辺はほじくり返さないで欲しい」、と宣言しているのに等しい。はっきり言えば、阪神は巨人の忠実なイヌですよ、と言っているようなものだ。

もちろん阪神だけではない。那須野の件であれだけ叩かれた横浜(当時はDeNAではなかったが)の高田GMや中畑監督のコメントを見ると、「もう過去のことなので」、「開幕前のこの時期に何故?」、などというトンデモな答えを返しているのがわかる。個人的にすごく尊敬していたソフトバンクの王会長でさえ、「法的に問題があるなら別だけど。いまはやってないんでしょ」、とコメントしたと言うから驚きだ。

この危機感の無さは、プロ野球ファンならずとも驚いただろう。

疑惑があっただけであれば、それでも良いだろう。また、それが過去に明らかになっており、何らかの処罰が下されたもの(例えば那須野や一場の件)であれば、いまになって騒ぎたてる理由もない。

しかし、いままで疑惑はあっても明らかにされてこなかった事件に対して、証拠が提出されたということの重大さを誰も理解できないのだろうか。

発表されている内容を見れば、違法性もしくは憲章違反があったかどうかは断言できないかもしれないが、その可能性は否定することはできず、調査に値することは間違いない。特に、近畿大学野球部の監督に対して、報酬を支払う念書を交わしていたことはゆゆしき事態だ(これらについては、また別のエントリーで詳しく書くことにする)。

100歩譲って、明確な違法行為や違反がなかったとしよう。しかし、いまここでは違反かどうかだけが問われているのではない。スポーツの精神やプロ野球のあり方が大きく揺がされているのだ。

去年のドラフトで、日本ハムが管野を指名した時、読売の渡辺主筆は 「ルール違反でなければ何をやっても良いのか! これは人権侵害だ!」 と怒鳴りつけたと言う。

巨人と読売新聞には、同じことを言ってあげたい。

ルール違反でなければ、何をやっても許されるのか、と。

それなら、献金疑惑の政治家はどうやって罰を受けるのだろう。どんなに汚いやり方で献金を集めようとも、それを取り締まる法律がなければ、彼らは何の社会的制裁を加えられることなく、のうのうと過ごしていいのだろうか。

新聞やメディアは社会正義を謳い、そのような政治家たちの行動を白日の下にさらす。しかし、読売新聞が自分の身内の問題を明らかにし、自浄することができないというのなら、彼らに何の権利があって社会の木鐸を気取ることができるのだろう。

但し、これは巨人や読売新聞だけの問題ではない、ということも明確に書いておく必要があるだろう。

球団は「みんなやっているから」 と言う。しかし、みんながやっているから、その行為は正しいということには決してならない。もし、みんながやっていて、それをみんなで隠そうとしているなら、プロ野球は早晩大相撲と同じ運命を辿るだろう。

田中好子さん逝く

 

 昨夜、田中好子さんが亡くなられたと聞いた。キャンディーズ時代からすごく憧れていた人だったので本当に残念でならない。キャンディーズが解散してからも女優として本当にいい仕事をされていたし、テレビやスクリーンでいつ見ても魅力的な方だった。乳がんだったそうな。心からご冥福お祈りしたい。

スポーツマンシップは何処へ

 

 東北・関東大震災で多くの命が奪われ、また今も30万人以上の方が避難所での生活を強いられているというのに、心を逆撫でするようなことをする人たちがいる。

言うまでもなく、セ・リーグのオーナー、特に巨人の経営者たちのことだ。

彼らは今月29日のリーグ開幕を強行するという。この非常時に何を考えているのだろう。東京電力・東北電力の管内では計画停電が実施され、多くの住民や経済活動がダメージを受けているというのに、電力の消費量を少しおさえれば文句ないだろう、といわんばかりの言動には、耳を疑う。

東京ドームで興行を行うと、一般家庭3000〜5000戸分の電力が必要になるという。そのことで大規模停電が起こり一部都市機能が失わるようなことがあったらどうなるか、というような想像力が働かないようだとしたら、経営者としての危機管理能力はどうなんだと言いたくなる。

プロ野球の経営もお金を稼がなければならないのだから、何とか試合を開催したいというのは理解できる。ただ一般の企業と違い、野球のような興行は場所を変えて実施することは可能だ。開幕をもっと遅らせることができれば一番良いのだろうが、たとえ開幕をずらさなくても、普段は試合が行われないような地方で試合を行い、新たなファンを発掘するなどできることはいくらでもあるはずだ。

彼らは言う。「私たちはあらゆる工夫と努力を重ねて野球を続け、選手の真剣なプレーをお見せしながら、復興を全力で支援したいと思います」と。

だが、彼らの態度を見ればそんなことなど考えていないのは火を見るより明らかだ。彼らが見ているのはお金だけ。一企業として利益を追求するのは非難されるべきことではないが、スポーツマンシップを売り物にしている企業としては最低だろう。

このことは、きっと野球から更に人が離れるきっかけになるだろう。自分のようにプロ野球を含めスポーツが大好きな人間にとっても悲しい限りである。

このことについて、ただの一市民である自分には抗議する術もろくにない。しかし、巨人戦のテレビを見ないようにしたり、会社での読売の購読を止めたりとできることからやっていこうと考えている。

The Year of the Rabbit


ここ数週間、中東の情勢が大変なことになっている。チュニジアに始まった争乱が、いつのまにかエジプトやバーレーン、リビアにも飛び火して、大きなムーブメントになりだした。今日入ったニュースだと、カダフィが反政府分子を爆撃するように命じたという話が伝わってきて、これからまた多くの血が流されるのかと思うと心が穏やかでない。

近くの大学にきている留学生の友達にもエジプトやリビアから来ている連中がいて、彼らの気持ちを思うとほんと心が痛む。報道されているデモで行進する人や傷ついたり死んだりしている人は彼らの身内であり、友達である。遠い東洋の国でわずかに入ってくる情報をたよりに、固唾を飲んで状況を見守っているだろう。

今日、ここで紹介する話はいまの情勢とは何の関わりもないが、友達のエジプト人留学生の話だ。彼はここの大学の医学部にきていて、ちょうど1月程前、たまたま近くのコーナンでバッタリ行き会った。ここしばらくジムで見かけていなかったので、「調子どう?」などとお互いのことを聞いたりなどした。

彼は店に息子さんを連れてきていて、聞いてみると息子さんの誕生日のプレゼントを選びにきたのだと言う。小学生になった子供さんにペットを飼って、毎日世話をしたり楽しい時間を過ごさせてやりたいとのこと。ペット選びに手を貸してくないかと言われたので、一緒にペットコーナにお伴した。

何か目当てのものがあるのかと聞くと、犬を買おうかと考えているとのことだったが、「でも、ひとつ問題があるんだよ」と言う。どうしたんだと聞くと、春にエジプトに戻る予定で、おそらく一緒に連れて帰ることができないと思う、ということだった。「それじゃ、大抵のものはダメじゃん」と僕が言うと、「そうなんだ」と少し悲しそうな顔をした。「でも、息子にペットを買ってやると約束したんでなあ。。。」

じゃあ、魚か亀でも買って、エジプトに帰る際には学校に寄付でもしたらどうだと言うと、それもあまり乗り気でなさそうだった。う〜ん、難しい。。。

そのまましばらく店内をうろうろしていると、

「ちょっと」

と声をかけられた。振り向くと、彼はあるカゴを指差している。

「こいつは何でこんなに大きいんだ?」

見ると、中にはウサギが入っている。お世辞にもあまりかわいいとは言えない容貌で、運動があまりできていないせいか、かなりのメタボである。おそらく買い手がつかないままに大人になってしまったのだろう。

そのことを彼に伝えると、「これにしようかな」と言う。ああ、やっぱり帰国の際に学校にペットを寄付するという僕の提案を採るつもりなのかと聞くと、違うと言う。

「これなら食べていけるからね」

。。。確かに。

中東やヨーロッパは結構ウサギを食べるんだったよね。

でも、大事にしていたペットをある日食べてしまうというのは、息子さんにとってショックにならないか? と聞くと

「じゃ、息子を呼んで聞いてみよう」

と、少し離れたところで犬と遊んでいた息子さんを呼んだ。このウサギはどうだと聞くと、彼は一言。

「う〜ん。かわいくないけど、美味しいかも」

さて、このウサギの運命やいかに。
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM