麺を訪ねて三千里:塩元帥(西中島) ★★★☆☆



最近、地元での外食と言えば、サイゼリアのドリアしか食べていなかったので(結構好きなんですけどね)、何か美味しいものが食べたかったんですが、デートで忙しいからか、なかなかチョロ吉さんが連れていってくれないので、業を煮やして1人で行ってきましたよ。

西中島の塩元帥。

神戸に行った帰りに寄ったんですが、チョロ吉さんから西中島にあると聞いていたぐらいしか覚えてなくて、駅の近くのコンビニで聞いたんですけど、すぐ教えてくれました。さすがは有名店。けど、駅からは結構距離がありましたね。歩いて20分ぐらいかかったと思います。その日は気温が高かったので、店に着くまでにかなり汗だくになってしまいました。

店の中はわりと広くて、カウンターとブースで25席ぐらいでしょうか。3時前という時間だったのですが、店内はほぼ満席。家族連れが多かったですね。1人だった自分は一番奥のカウンター席に案内されました。

水を持って注文を取りにきてくれたのは、ごっついお兄ちゃん。その人懐っこい優しそうな顔を見ながら、Cセット(ラーメン+チャーマヨ丼)を注文。ラーメンはもちろん塩ラーメンをチョイスしました。

ラーメンを待つ間、厨房や店の中を見ていたんですが、店の奥はガラス張りの製麺室になっていて、若いお兄さんが麺を作っていました。最近こういう店が増えてきてますね。結構テレビなどでも取り上げられているようで、有名人の写真も貼られていました。まあ、メディアによる評判はあてになりませんけど。

しばらくしてチャーマヨ丼とラーメンが運ばれてきました。写真を撮って、いざ試食。まずはスープからいきますか。

「???....」

スープを一口飲んだ時、正直違和感を感じました。ラーメンというよりはうどんに近いものを感じます。柚子か何かの酸味も混じってかなり上品な味。美味しいことは間違いないんですけど、予想とかなり違いました。塩というよりは出汁という感じ。

麺はどちらかというと中太で、平麺よりは少し厚みもあります。腰もあって美味しい。しかし、これも少しうどんに近いというか。。。 チャーシューはあっさりした味付けですが脂身が多くて美味しかったですね。ねぎも美味しくいただけました。全体としてはかなり完成された味だと思います。これだとメニューにあったつけ麺も期待できそう。

不満が残ったのは、チャーマヨ丼。こういうのが好きな人もいるんでしょうけど、自分には全く合わなかったですね。じゃこ飯にでもしとけばよかった。

総括すると、衝撃的、という程のインパクトは自分にはなかったですけど、ギトギト系のラーメンが苦手な女性と行くのにはいい店かもしれませんね。割と遅くまで開いてますし、車だと新御堂筋からすぐですしね。今日ジムでその話をしたら、早速週末彼女と行ってみる、と友達が言ってました。

ま、自分もかわいい彼女ができたらそうします。

PS.興味を持たれた方の為に、お店のURLを貼っておきますね。

■ 完全無添加天然塩ラーメン 塩元帥

麺を訪ねて三千里:台湾らーめん 徹(箕面) ★★★☆☆

徹の台湾らーめん

新御堂の萱野から171号線を南西に向かってしばらく行くと、牧落西の信号の手前にある台湾らーめんのお店「徹」。

池田にまではあまり足をのばす事はないんだけど、牧落あたりはドンキやジャパンによく行くので、この店には前から目をつけてました。今日もまさしくドンキに行く用事があったので、小腹が空いてるのを理由にフラフラと立ち寄ってみたんですが...

ん? お客がいない。

ありゃりゃ、と思いつつ店の扉を開けると、店員さんが、

「すみません。お店19時からなんですよ。」

もう18時前なのになあと思いつつ、待つかどうかかなり迷ったんですが、結局箕面市役所近くのマクドでSPIの問題集を解いて待ちましたよ。そんなこんなで20時前に再び立ち寄ると、なんとお店の前には駐車した車の列が。それを見て納得。駐車場のないこの店を17時とかに開けたら、そりゃ大渋滞になるわ。

店の中はほんとこじんまりとして小さいです。カウンター10席、テーブル席が数席というだけでなく、1人あたりのスペースがかなり小さい。カウンターに通された僕は、明らかに隣のお姉さんの邪魔になってました。それにもまして厨房の中はもっと人口密度が高い。中にお兄さんが4人。ホールにはお姉さんが3人(明るい感じのいいお姉さんでした)。

まあ、何はともあれ台湾らーめんせっと(ミニチャーハン付き)800円を注文。

先にチャーハンがきたんだけど、これが美味い! かなり見栄えは色濃いんだけど、それほどしつこくもなくいける味。らーめんがくるまで残しておくつもりが、ほとんど一気にいっちゃいました。これは病みつきになりそう。

さて、肝心のラーメンはと。。。

きました、きました。台湾らーめん。これですか。上の写真で見てもらうとわかるように、ニラと炒めたミンチがたくさん入っていて、鶏ガラ醤油ベースのスープに唐辛子がピリリと効いていますな。麺もコシがしっかりしていて食べ応えありです。質実剛健といいますか、なかなか骨太な味ですね。

ただ、行列ができるというほどには美味しいとは思わなかったですけどね(お店の人、ごめんなさい)。あとどんぶりが小さくて口が広がってないので、レンゲでスープを掬いにくい。そんなところも気になりました。

でも1ついいな、と思ったのは、店長さんの指導が行き届いているのか、店員の人みんなが必ずお客さんの反応を見ている事。自分が作ったものを客がどんな顔をして食べているのか、ホールの人が細かいところまで気がついているかなど、気持ちが入っているのはすごく好感がもてました。

ごちそうさま。

今度はチャーハンをメインで食べに行きますかな。


住所:大阪府箕面市牧落2-20-14
営業時間:火〜土曜19:00〜翌3:00 日曜18:00〜翌1:00
定休日:月曜
電話番号:072-724-8701
  

麺を訪ねて三千里:麺家 五大力(豊中) ★★★★★

麺家 五大力の特塩ラーメン

人が来るというので家を追い出された僕は、ずっと行きたいと思っていた東豊中の麺家「五大力」に行く事にした。雑誌やネットでも評価が高く、家からも車で15分とかなり近い。

行ってみると、思ったほど大きな店ではなかった。カウンターが10席、テーブルが4つほどか。内装は洒落ていているが、気を衒ったということもなく、落ち着いて食べられそうだ。店員さんの感じもよく、カウンターに案内された。

メニューを見ると、ミネストローネラーメンやらジェノバ風味冷麺やらちょっと目移りして決めがたい。そこで1番値段の高かった「特塩ラーメン」を注文した。以前からお店で何を注文したらわからない時は、自分は塩を頼む事にしている。勝手な持論だが、塩を頼むとよけいなもの(味の濃いスープや背脂といったもの)に惑わされることなく麺やスープの本当のクォリティを確かめる事ができると思うからだ。しかし塩ラーメンの美味しいところって本当に少なくて、京都に勤めていた頃は、かろうじて「風花」とか「○竹」ぐらいしか食べれると感じたところはなかった。さてこの店はどうだろう。

まずはスープを一口。

うめえ。

自分は料理の専門家ではないから詳しい事はわからないけど、シェフの心意気が感じられるような気がした。昔よく読んだ槇村さとるの「おいしい関係」で織田くんがこだわっていたコンソメスープってきっとこんなんじゃないのかな。そこには料理人の信念が表れているように思える。麺は太めで食べごたえあり。何でも硬質荒挽き小麦と国産の小麦をプレンドし、食感とコシを追求したそうだ。しらがネギがしゃきしゃきして、その先にあるドライトマトなどともマッチする。チャーシューは脂身が多く柔らかいんだけど味付けが薄く自分を主張しすぎない。ラーメン一杯が一品として完成している。

食べていると、大学の頃きつねうどんの発祥と言われる「松葉屋」の事を思い出した。あの店のうどんも、ただのうどんではなくて、一品として完結しているんだよね。雨の日も風の日も店主が毎朝生駒の山に登って麺を打つ水を汲んでくるんだと言っていたけど、そういう料理に対する姿勢の表れなのかもしれない。

最後の一滴までスープを楽しんで席をたった。すぐに厨房から「ありがとうございました」の声があり、店員もつり銭を返すまで気を抜いていなかった。こういった接客サービスを含めてのものが食事をするって事なんだよね。

同種のコンソメ系のラーメンと言えば「神座」を思い出すけど、こちらの方がはるかにレベルは上だと思う。こってり系が好きな人はもの足りないと感じるかもしれないけど、全く別のものとして楽しめばいい。ランチタイムに行くと麺の大盛りが値段変わらずといったところもうれしいね。

駐車場のスペースが小さいのと、24時に店を閉めてしまうという以外は文句のつけようのない、みごとな麺家さんでした。


TEL 06-6857-5559
住所 豊中市東豊中町5-30-25 101
営業時間 [月〜金] 11:00〜15:00 17:00〜24:00 [土・日・祝] 11:00〜24:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

麺を訪ねて三千里:らーめん一作茨木店 ★☆☆☆☆

どろどろらーめん「一作」

昨日ヤフーのラーメン特集「みんなで決める!うまいラーメン店」を見ていたら、何と茨木の「一作」という店が2位にランクインしているではないか。

みんなで決める!うまいラーメン店 大阪府2位 らーめん一作 茨木店

これは行かねばならん。

近くにうまいラーメン屋とかあると、何かと便利なんだよね。国道沿いの店とか大抵遅い時間までやっているから、夜中に腹がへったりした時にちょっと食べに出たりできる。うちのすぐ近くにも天下一品とかげんこつ、希望軒とか色々ある。もちろん悪くはないんだけど(というよりかなり頻繁に利用している)、やっぱり飽きちゃうんだよなあ。だから美味しい店はいくら知ってても困ることはない。

という事でなにも考えず出発。実際行ってみると思ったより遠かった。お隣の茨木市とは言え、中央環状を摂津まで走って、そこから大阪高槻京都線を北東に2.5キロ。茨木中央市場を越えた辺りのはずなんですが。。。おお、ありました、ありました。高架の南側の側道ですな。

はやる心を押さえながら、バイクを止めて店に入る。しかし何やら悪い予感が。

こ、これは。。。

人が入ってない。お昼のピークを過ぎた1時半とは言え、店内には3人ほどの客しかいない。まあ、近くにオフィス街があるわけではないし、国道沿いで運転手のお客さんメインでやっているんだろうから、夜とかの方が客多いのかなあ。。。(若干不安)。

カウンターに案内される。取り合えず、噂のこってりラーメン(チャーシュー麺)を大盛りで注文。お姉さん。あまり愛想ないね。ギリギリまで刈りあげたこの坊主頭のせいかな(人相悪)。店内は結構広い。わざわざカウンターじゃなくてもよい気はするんだが。いやいや、カウンターが嫌だってわけじゃない。この席も厨房が良く見えていいんだけど。。。

おいおいおい〜。

ちょっと厨房のお兄さん。あんた麺を何分煮てるの? 他にやらなあかん事あるんやろうけど、それにしても長すぎるんとちゃう? 俺、麺は固めで、って言ったよな。注文とったお姉さん、伝えるの忘れとる?

大人気なくイラ立つ私。しかしそうこう言う間に、きましたよ。なるほど、確かにどろどろだ(写真参照)。こってり具合も期待が持てそう。まずはスープを一口。お、味の方はそれほどにはこってりという感じではないな。麺はかなり太めだが、やはりドロドロでコシがない。チャーシューは脂身が少なく自分好みだな。

などと思いながら、何気なく横を見てみると。。。

おいおいおい〜。

ちょっと、3つぐらい隣のカウンターに座ったおじさん。昼間からビールって気持ちもわかるけど、カウンターにどっかんトラックのキー置いて悪びれもせず飲むのはあかんのとちゃう? 店側もトラック運転してるのわかっとってアルコール出しとったら、おっさんが検挙された時、この店も飲酒運転の幇助であげられるで。脇甘すぎやろ。

それからさ、お店で働くお姉さんたち。お客さんがレジに支払いに行っとんのに、カウンターの中でおしゃべりに夢中はあかんやろ。しかもこんなに客がおれへんのに気付けへんてありえへんし。。。

などと、思わず独りで突込みを入れていたら、いつの間にか食べ終わってました。

感想は。。。

あまり記憶に残らん味やね。

それより、もうちょっと気持ちよう食わせてよ(涙)。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM