<< 不審火 | main | ああ、青龍よ >>

理由なんてない



ほんの数時間前のこと。

駅前のミスタードーナツに行くことにしたのだが、雨が降っていたので、大きな紳士傘を持っていった。駅に向かって歩いていると、逆方向、つまり駅からこちらに歩いてくる女性がいた。傘を持たずに雨に濡れている。

土砂降りではなかったものの、それなりに雨足は強かった。加えて気温が低かったので、ちょっとかわいそうな気がした。バックパックに予備の100円傘を入れていることを思い出した僕は、傘を取り出すと彼女に声をかけた。

「 よかったら、どうぞ 」

別に何の下心があったつもりではなかったが、少しぐらいは喜んでもらえるだろうと思っていた僕の予想は大きく外れた。

「 こんなことしてもらう理由がありません 」

彼女は大きな眼を見開いて、まるで睨み付けるかのように僕を見た。長い髪から水がしたたっているので、ちょっと怖い感じだった。

「 傘をくださるという理由は何ですか 」

あからさまに非難されているような口調に僕は困惑したが、ちょっと考えてこう言った。

「 理由なんて特にありませんけど 」

そう聞くと彼女は黙ってしまった。あまりいい雰囲気ではなかったので、僕はこう続けた。

「 別に押し付けるつもりもないので、必要ないならそう言ってください 」

彼女はほんのちょっと考えていたが、傘を受け取った。

「 ありがとう 」

彼女はそう言ったが、いかにも他人に感謝の言葉を言わなければならないことが苦痛そうだった。その後、下を向いたまま歩き去った。

いつの頃から人のちょっとした好意がそれを受け取る人の重荷になってしまったのだろう。人に何かをしてあげる人が少なくなっているのも事実だが、素直に好意を受け取れる人も少なくなっている気がする。人の心が病んでいるのだろうか。それとも社会が病んでいるのだろうか。

単に、ゴツくていかついおっさんに話しかけられたので警戒した、というだけだといいのだけど。

コメント
何とも嫌な感じですね。
夜突然話しかけられて驚くのは仕方がないですが、
人の好意に対する態度ではないと思います。

また結局受け取るなら、やはり有難いという事なのですから、やはり素直にお礼を言うべきだと思います。

まぁしかし他人に興味がない人は、人の好意自体を理解できないですからね。

僕の兄はそんなタイプの人間ですから、その女性もそうなんだと思います。

なんか凄く悲しいと感じますが、それは僕の勝手な感情なんでしょうかね?
  • チョロ吉改め海坊主
  • 2010/03/24 8:47 AM
海坊主さん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。名前を改められたのは、何か悪いことをして頭を丸めたか、それとも出家されたからですか(笑)。

このエントリーの出来事は、身体も態度もデカい自分のことを警戒したのかもなあ、と感じたりしています。でも、明らかに人の好意に対してどう対応したらいいのかわからない、というのがありました。海坊主さんがおっしゃるように、他人に興味がないという人なのかもしれませんが、そういう世界に生きているのは幸せなんでしょうかね。

人の好意を受け取れないということは、他の人に対して好意で何かをしてあげたりするということはないということだと思います(もちろんそれは個人の自由だという主張もあるでしょうけど)。この間、友達の女性と電車に乗ったのですが、彼女は妊娠7ヶ月でお腹が大きかったのに、電車の中の誰も席を譲ろうとしなかったのには驚きました。そういう世の中なんでしょうかね。それとも自分が年を取って、ただグチっぽくなっているだけなんでしょうか。

何とも情けない限りです。
  • Gです
  • 2010/03/25 1:28 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM