<< 田中好子さん逝く | main | 捏造 >>

プロ野球の終焉



先日、朝日新聞が報じた巨人から選手・関係者への金の流れに関するここ一週間程の報道を見ていると、巨人とその親会社である読売新聞に対して義憤にも似た怒りを覚える。

またそれ以上に驚いたのは、この報道に対するプロ野球界の反応だ。大相撲の八百長問題が明らかにされた時には、閉じられた相撲界の闇を垣間見た気がしたが、今回の問題も結局球界は自分たちの利益を守るためならだんまりを決め込み、黒いものでも白としてしまうということが良く分かる。所詮、野球もプロレス同様の興行であり、公平なルールの下で争われるスポーツではないということなのだろう。

これまでも野球はもう終わっただの何だの散々言われてきたけれども、長年プロ野球を応援してきたファンの1人としては、球場に足を運んで試合を見たり好きな球団の応援することの楽しさをみんなに知ってもらえたらいいな、と思ってきた。

しかし、もう潮時かもしれない。

自分は地元の阪神を応援しているけど、この問題が明るみに出た後の南社長のコメントには反吐が出そうになった。

「総合的に判断すると、違反ではないということ」

この発言を言い換えると、「巨人の気にさわることを言うと、こちらの身もやばくなる」 「自分たちもやってきたので、あまりその辺はほじくり返さないで欲しい」、と宣言しているのに等しい。はっきり言えば、阪神は巨人の忠実なイヌですよ、と言っているようなものだ。

もちろん阪神だけではない。那須野の件であれだけ叩かれた横浜(当時はDeNAではなかったが)の高田GMや中畑監督のコメントを見ると、「もう過去のことなので」、「開幕前のこの時期に何故?」、などというトンデモな答えを返しているのがわかる。個人的にすごく尊敬していたソフトバンクの王会長でさえ、「法的に問題があるなら別だけど。いまはやってないんでしょ」、とコメントしたと言うから驚きだ。

この危機感の無さは、プロ野球ファンならずとも驚いただろう。

疑惑があっただけであれば、それでも良いだろう。また、それが過去に明らかになっており、何らかの処罰が下されたもの(例えば那須野や一場の件)であれば、いまになって騒ぎたてる理由もない。

しかし、いままで疑惑はあっても明らかにされてこなかった事件に対して、証拠が提出されたということの重大さを誰も理解できないのだろうか。

発表されている内容を見れば、違法性もしくは憲章違反があったかどうかは断言できないかもしれないが、その可能性は否定することはできず、調査に値することは間違いない。特に、近畿大学野球部の監督に対して、報酬を支払う念書を交わしていたことはゆゆしき事態だ(これらについては、また別のエントリーで詳しく書くことにする)。

100歩譲って、明確な違法行為や違反がなかったとしよう。しかし、いまここでは違反かどうかだけが問われているのではない。スポーツの精神やプロ野球のあり方が大きく揺がされているのだ。

去年のドラフトで、日本ハムが管野を指名した時、読売の渡辺主筆は 「ルール違反でなければ何をやっても良いのか! これは人権侵害だ!」 と怒鳴りつけたと言う。

巨人と読売新聞には、同じことを言ってあげたい。

ルール違反でなければ、何をやっても許されるのか、と。

それなら、献金疑惑の政治家はどうやって罰を受けるのだろう。どんなに汚いやり方で献金を集めようとも、それを取り締まる法律がなければ、彼らは何の社会的制裁を加えられることなく、のうのうと過ごしていいのだろうか。

新聞やメディアは社会正義を謳い、そのような政治家たちの行動を白日の下にさらす。しかし、読売新聞が自分の身内の問題を明らかにし、自浄することができないというのなら、彼らに何の権利があって社会の木鐸を気取ることができるのだろう。

但し、これは巨人や読売新聞だけの問題ではない、ということも明確に書いておく必要があるだろう。

球団は「みんなやっているから」 と言う。しかし、みんながやっているから、その行為は正しいということには決してならない。もし、みんながやっていて、それをみんなで隠そうとしているなら、プロ野球は早晩大相撲と同じ運命を辿るだろう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM