<< プロ野球の終焉 | main |

捏造



先日、読売新聞の渡邊主筆が橋下大阪市市長のことをヒトラーに例えていたのを聞いた時、正直 「お前が橋下のことを言えた義理か!」 と怒りを覚えたのだが、ここにきてあながち彼の指摘が外れていなかったことに、少々戸惑いを覚えるようになった。

維新のリスト捏造問題である。

以前は橋下市長が個人的な恨みで労組を叩いているなあ、とは思っても、でも労組もたいがいなことをやってきたみたいだから多少痛い目見たらいいんじゃないか、ぐらいに思っていた。しかし、先日維新の会の一員である市議のツイッターにたまたま目を通したことをきっかけに、報道されている情報を整理してみると、かなり恐ろしいことが起こっているのではないかと思うようになった。

事件の概要はこうだ。

2月上旬、インサイダー情報を元に大阪市議の杉村市議が、労組が大阪市の機密情報を盗み前市長の支援を求める 「知人・友人紹介カード配布回収リスト」 を作っていたとして、情報を実名入りでマスコミに公開。橋下市長を筆頭に、党・マスコミをあげての大批判キャンペーンが始まる。労組は情報は捏造であると主張するも、この問題を市議会で取り上げた杉村市議は、情報の信憑性が高いとして労組のクレームを一蹴。これを受けて3月、労組は捏造文書について被疑者不明のまま有印公文書偽造で刑事告発。一方維新の会は「労組への情報漏洩」について守秘義務違反で刑事告発するという異常な事態を迎える。

ところが、事件は意外な展開を見せる。3月26日、セキュリティ会社の調査で情報漏洩者が特定される。取調べの結果、この嘱託社員はリストを捏造して杉村市議に渡した事を認め、27日に懲戒免職処分となる。この結果を受け、労組は維新の会に謝罪を求めるが、杉村市議・橋下市長ともにこれを拒否。労組側は維新の会市議団に対し、質問状を送ることをことを決めたが、その後、名誉毀損・偽計業務妨害などで提訴されるのではと見られている (詳細な経緯については、維新リスト捏造問題の経緯と雑感 を御覧になることをお勧めする)。

ここにきてクローズアップされたのは、他の維新の会のメンバーの言動である。ある維新の会の議員が自らのツイッターに、維新の会では議会での追求前から捏造の可能性があることを認識していたという書き込みをし、あわてて他の維新の会のメンバーが取り消すよう指示するやり取りが公にされた。また、リストを捏造した嘱託社員が2月8日の段階で、「偽物をつかませてしまったかもしれず、申し訳ないことをした」 と杉村市議にメールを送っていたことも報告されている。

要は、杉村市議と橋下市長・維新の会は、捏造の可能性が高いと知りながら、その資料を使って労組の批判のキャンペーンをはっていたということである。

これは法律的にも、同義的にもゆゆしき問題である。

労組が何らかの違法行為をしていたというなら、それを叩くのは構わないし、むしろそのことは支持したいと思う。しかし、そのために捏造された情報を使って世論を操作するというのは本当に恐ろしいことだ。先日NHKのクローズアップ現在で、ロシアのプーチン首相が政敵をでっちあげた罪で投獄したり駆逐していくやり方をレポートしていたが、程度の差こそあれ、いま維新の会がやっていることと変わらない。

更に恐ろしいのは、この件に関して維新の会がマスコミを抱き込んでいるということである。労組を社会的に抹殺してしまおう、という明確な意思のようなものさえ感じてしまう。このようにメディアが中立性を保たず、何かの力におもねって報道を偏向してしまうようでは、お隣の国となんら変わらないではないか。

個人的な予想を言うと、この捏造の件は必ずうやむやにされる。そして、維新の会がノラリクラリかわしているうちに、野村弁護士率いる第三者委員会の調査が公表され、労組のいくつかの別の問題が指摘されることになり、「やっぱり僕の言ったとおりでしょう」 と橋下市長がドヤ顔でメディアに話す顔が目に浮かぶ。たとえこの捏造の件で何年か先に労組が訴訟に勝ったとしても、もう当事者は大阪にはおらず、その責任は問われることなく終わるだろう。

一人の有権者として、市長や議員に市政を変えてほしいという思いはある。しかし、そのことは犯罪行為に及んでも構わないということではない、ということだけは、はっきり言っておきたい。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM